ニュース

本田翼、急性虫垂炎!原因、症状、入院期間は?

女優の本田翼さん(27)が急性虫垂炎ため入院し、自身の番組の収録をキャンセルする事になりました。

キャンセルした番組はTBS「中居大輔と本田翼と夜な夜なラブ子さん」(7月2日スタート、後11・56)の初回収録を欠席した。

初回なのに可愛そうですね・・。

そんな本田翼さんが罹患した急性虫垂炎とその原因、症状、入院期間を調査してきました。

急性虫垂炎とは?

一般的に盲腸と呼ばれ、大腸の入り口にある盲腸に、虫垂という5〜10cm程度の突起物があり。

この虫垂が異物やふん石などが原因で閉塞し、炎症をおこす病気が「急性虫垂炎」。

右下腹部の痛みでよく知られ、急性虫垂炎は、2、3歳くらいの幼児期から小中学生、20代くらいまでの発症率が高いが、高齢者を含め男女問わずどの世代にも見られます。

管理人は罹患したことがありませんが、発症圏内なので気をつけようと思います。

原因は?

原因はすべて解明されているわけではありませんが、ふん石(消化管の内容物が固まったもの)などの異物が原因で虫垂が閉塞したり、虫垂がねじれたりすることで血行が悪化することで発症するとされています。

食べ過ぎ・飲み過ぎ、不規則な生活、便秘、過労など日頃の習慣によっても症状が誘発されると考えられている。

飲み過ぎ・・!気をつけます・・!

症状は?

初期症状としてはみぞおち辺りに痛みが出ることが多く、嘔気を伴うことも多い。

下痢を伴うこともある。それから徐々に右下腹部へと痛みが移動し、時間が経つほどひどくなる。

痛みを伝えるのが難しい幼児の場合、食欲不振、嘔吐などの症状が異変に気づくきっかけとなる。炎症がひどくなり、虫垂に穴が開くと痛みが増す。

膿が広範囲に広がると、高熱が出ておなかを触られるだけでも痛みを感じる。

強い痛みのため腹筋の力が抜けず、背中を丸めた姿勢になることが多くなる。

早い段階で手を打ちたいですね。

入院期間は?

入院期間は腹腔鏡手術で5日程、開腹手術の場合は7日間から10日以上となっています。

1週間前後と言ったことでしょうか。

早く元気になって欲しいですね、ではでは~。


トレンドニュースランキング

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です